静岡大学理学部/グリーン科学技術研究所
〒422-8529 静岡市駿河区大谷836
TEL:054-238-4784
Top   Kimura   Member   Research   Publication   Lecture   Direction   News

国際学会
  1. Yu Nakajima, Yu Sato, Satoshi Ohkubo, Miho Hirai, Kenji Okano, Hiroyuki Kimura, Kohsuke Honda, Masaru K. Nobu, Hideyuki Tamaki, Ken Takai. Tera base hot spring metagenomes illuminate novel and diverse microbiomes. Symposium of Aquatic Microbial Ecology (SAME17). Tartu, Estonia. 2023. 8.

  2. Hiroyuki Kimura. Function of different guanine-plus-cytosine content 16S rRNAs in halophilic archaea at various temperatures. 5th World Congress on Microbial Biotechnology. Lisbon, Portugal. 2018. 9.

  3. Keita Miyake, Keiji Fushimi, Ni-Ni-Win, Hiroyuki Kimura, Masakazu Sugishima, Masahiko Ikeuchi, Rei Narikawa. Trial to identify ferredoxins that specifically transfer reducing powers to functionally diversified two PcyAs in unique cyanobacteriaum Acaryochloris marina, Gordon Research Conference. Newport, RI, USA. 2018. 7.

  4. Hiroshi Takahashi, Masayo Minami, Takafumi Aramaki, Hiroyuki Kimura. Radiocarbon changes of unsterilized water samples during the long-term storage. The Fourteenth International AMS Conference (ASM14). Ottawa, Canada. 2017. 8.

  5. Keita Miyake, Keiji Fushimi, Ni-Ni-Win, Hiroyuki Kimura, Masakazu Sugishima, Masahiko Ikeuchi, and Rei Narikawa. Dihydrobiliverdin as a chromophore for cyanobacteriochromes from chlorophyll d-bearing cyanobacterium Acaryochloris marina. 17th International Conference on the Tetrapyrrole Photoreceptors of Photosynthetic Organisms (ICTPPO). Chicago, USA. 2017.7 .

  6. Makoto Matsushita, Hiroyuki Kimura. Regional variation of CH4 and N2 production processes in the deep aquifers of an accretionary prism. 2017 International Symposium toward the Future of Advanced Researches in Shizuoka University. Shizuoka. 2017. 2.

  7. Kenta Magara, Makoto Matsushita, Yu Sato, Hiroyuki Kimura. Evidence of microbial methane generation in the deep aquifer of accretionary prism in southern Okinawa Island, Japan. 2017 International Symposium toward the Future of Advanced Researches in Shizuoka University. Shizuoka. 2017. 2.

  8. Yu Sato, Taketomo Fujiwara, Hiroyuki Kimura. Function of different guanine-plus-cytosine content 16S rRNAs in halophilic archaea at various temperatures. 2017 International Symposium toward the Future of Advanced Researches in Shizuoka University. Shizuoka. 2017. 2. (Best Poster Award)

  9. Yu Sato, Taketomo Fujiwara, Hiroyuki KImura. Adaptation to temperature change in halophilic archaea which habor two types of 16S rRNA genes. 2016 International Symposium toward the Future of Advanced Researches in Shizuoka University. Shizuoka. 2016. 2.

  10. Hiroyuki Kimura, Makoto Matsushita, Shugo Ishikawa. Regional variation of CH4 and N2 production processes in deep aquifers associated with the accretionary prism in Southwest Japan. 14th Taiwan-Japan International Workshop on Hydrological and Geochemical Research for Earthquake Prediction. Tainan, Taiwan. 2015. 9. (招待講演)

  11. Hiroyuki Kimura. Microbial methane production and carbon cycle in subterranean environment associated with the accretionary prisms. 9th Japanese-French Frontiers of Science (JFFoS) Symposium. Kyoto. 2015.1 . (招待講演)

  12. Makoto Mastusita, Shugo Ishikawa, Kazushige Nagai, Hiroyuki Kimura. Microbial methane production and carbon and nitrogen cycles in deep aquifer associated with the accretionary prism. Shizuoka University 4th International Symposium for Promotion of Interdisciplinary Domain Research. Shizuoka. 2014. 12.

  13. Yu Sato, Taketomo Fujiwara, Hiroyuki Kimura. Ecology of Haloarcula strains which express two types of 16S rRNA genes in response to temperature change. Shizuoka University 4th International Symposium for Promotion of Interdisciplinary Domain Research. Shizuoka. 2014. 12.

  14. Makoto Matsushita, Hiroyuki Kimura. Microbial methane production and carbon cycle in deep aquifer associated with the accretionary prism. 9th International Symposium on Subsurface Microbiology (ISSM 2014). California, USA. 2014. 10.

  15. Hiroyuki Kimura. Makoto Matsushita, Shugo Ishikawa. Microbial methane production and carbon-nitrogen cycles in subterranean environments associated with the accretionary prism in Southwest Japan. 13th Japan-Taiwan International Workshop on Hydrological and Geochemical Research for Earthquake Prediction. Tsukuba, Japan. 2014. 9. (招待講演)

  16. Yu Sato, Hiroyuki Kimura. Haloarcula strains regulate transcription of multiple 16S rRNA genes in response to environmental temperatures. 15th International Symposium on Microbial Ecology (ISME-15). Seoul, South-Korea. 2014. 8.

  17. Hiroyuki Kimura. Bioenergy production using microbial communities in anaerobic groundwater associated with accretionary prism in Shizuoka Prefecture, Japan. The 3rd Shizuoka University Internatinal Conference "Directions of Interdisciplinary Domain Research in Japan-Europe Partnership". Shizuoka, Japan. 2013. 11.

  18. Mayuko Nakagawa, Shohei Hattori, Ken Kurokawa, Hiroyuki Kimura, Naohiro Yoshida. Thermophilic community diversity and isotopic composition of microbial mats in Nakabusa hot spring, Nagano. The International Biogeoscience Conference 2013. Nagoya, Japan. 2013. 11.

  19. Hiroyuki Kimura, Hiroaki Nashimoto, Mikio Shimizu, Shohei Hattori, Keita Yamada, Keishuke Koba, Naohiro Yoshida. Microbial methane production in deep aquifer associated with the accretionary prism in southwest Japan. The 13th International Symposium on Microbial Ecology (ISME-13). Seattle, USA. 2010. 8.

  20. Shohei Hattori, Hiroyuki Kimura, Hiroaki Nashimoto, Keisuke Koba Keita Yamada, Mikio Shimizu, H. Watanabe, M. Yoh and Naohiro Yoshida. Stable isotope and microbial analyses of methane-producing process in a geothermal aquifer associated with the subsurface of the accretionary prism, Japan. European Geoscienves Union (EGU) General Assembly 2009. Vienna, Austria. 2009. 4.

  21. Hiroyuki Kimura, Toshiro Yamanaka, Jun-Ichiro Ishibashi, Satoshi Hanada. Culture-independent estimation of growth temperature of archaea in subsurface habitats based on G+C percent of 16S rRNA gene sequences. 7th International Symposium for Subsurface Microbiology (ISSM 2008). Shizuoka, Japan. 2008. 11.

  22. Hiroyuki Kimura, Satoshi Hanada. Detection of thermophilic and hyperthermophilic archaea derived from the subsurface hot biosphere. The 12th International Symposium on Microbial Ecology (ISME-12). Cairns, Australia. 2008. 8.

  23. Atsushi Sakamoto, Hiroyuki Kimura, Junichiro Ishibashi. Geomicrobiology and Environmental Biogeochemistry of Iron and Manganese. AGU Fall Meeting. San Francisco, USA. 2007. 12.

  24. Toshiro Yamanaka, Junichiro Ishibashi, Mika Nakajima, Maezono, Kei Okamura, Fujino, Hiroyuki Kimura, Jin Chiba. Acive shallow-water submarine hydrothermal venting and occurence of chimney-like mineral deposits from Northern Kagoshima Bay, South Kyushu, Japan. AGU Fall Meeting. San Francisco, USA. 2007. 12.

  25. Hiroyuki Kimura, Selective phylogenetic analysis of hyperthermphilic archaea in the deep-subsurface hot biosphere. ISEB18 Environmental Biogeochemistry at the Extremes, Taupo, New Zealand, 2007. 11.

  26. Hiroyuki Kimura, Kenji Kato. Selective phylogenetic analysis (SePA) targeting 16S rRNA genes of hyperthermphiles in the deep-subsurface hot biosphere. IODP Workshop "Exploring Subseafloor Life", Vancouver, Canada, 2006. 10.

  27. Hiroyuki Kimura, Satoshi Hanada, Hiroyuki Yamamoto, Bharat Patel, Kenji Kato. Microbial community in a geothermal aquifer associated with the subsurface of the Great Artesian Basin, Australia. Thermophiles 05, Gold Coast, AUS. 2005. 9.

  28. Hiroyuki Kimura, Maki Sugihara, Satoshi Hanada, Kenji Kato. Selective phylogenetic analysis targeted on 16S rRNA genes (rDNAs) of (hyper)thermophiles. ISSM-ISSB 2005. Jackson-Hole, USA. 2005. 8.

  29. Kenji Kato, W. Nihal, Tomoko Maruyama, Hiroyuki Kimura, Kenji Namba. Microbial diversification at each phylum of Chloroflexi occurred within 1000 years in a shallow subsurface sediment. ISSM-ISSB 2005. Jackson-Hole, USA. 2005. 8.

  30. Hiroyuki Kimura, Maki Sugihara, Kenji Kato, Bharat K.C. Patel, Hiroyuki Yamamoto, Satoshi Hanada. Microbes in million years aged groundwater of deep geothermal aquifer in the Great Artesian Basin, Australia. Okazaki Biology Conferences II, Ise-Shima, Japan. 2004. 9.

  31. J Ishibashi, T Yamanaka, Hiroyuki Kimura, A Hirota, T Toki, U Tsunogai, T Gamo, M Utsumi, K Roe, S Miyabe, K Okamura. Geochemistry of hydrothermal fluids from south Mariana backarc spreading center. AGU. California, USA. 2004. 10.

  32. T Nakagawa, Y Hase, J Ishibashi, A Maruyama, T Yamanaka, Y Morimoto, Hiroyuki Kimura, Tetsuro Urabe, M Fukui. Molecular ecological analysis of the distribution and diversity of sulfate-reducing prokaryotes and microbes in deep-sea hydrothermal sites of the Suiyo Seamount, Izu-Bonin Arc, and the Mariana-Backarc, Western Pacific. AGU, California, USA. 2004. 10.

  33. Hiroyuki Kimura, Makoto Sato, Yuichi Sasayama, Takeshi Naganuma. Phylogenetic characterization of the endosymbionts of Coelomate worms. Marine Biotechnology Conference, Chiba, Japan. 2003. 9.

  34. Satoshi Hanada, Hiroyuki Kimura, Maki Sugihara, Yuko Uchida, Hiroyuki Yamamoto, Kenji Kato, Takashi Narihiro, Bharat K. C. Patel, Hugh Morgan. Distribution and migration of Chloroflexus species on the West Pacific rim. ISSP, Tokyo, Japan. 2003. 5.

  35. Hiroyuki Kimura, Ruji Asada, Andrew Masta, Takeshi Naganuma. Occurrence of microbial habitat in subsurface of the Manus Basin deep-sea hydrothermal vent fields, Papua New Guinea. Ocean Drilling Program (ODP) Leg 193 Post Cruise Meeting, Lisbon, Portugal. 2002. 10.

  36. Ray Binns, Fernando Barriga, Jay Miller, Hiroyuki Kimura. Third Dimension of an active back-arc Hydrothermal system: Ocean Drilling Program (ODP) Leg193 at PACMANUS. American Geological Union, San Francisco, USA. 2002.10.

  37. Hiroyuki Kimura, Takeshi Naganuma. Endosymbiotic and ambient microflora of the methane-seep Lamellibrachia sp., vestimentiferan tubeworms. The Subsurface Biosphere at Mid-Ocean Ridges, Montana, USA. 2000. 8.

  38. Koji Nagao, Hiroyuki Kimura, Takeshi Naganuma. Production of polyunsaturated fatty acids (PUFAs) by marine fungoid protists. J.A.W.C., Kyoto. 2000. 9

  39. Takeshi Naganuma, Hiroyuki Kimura. Thraustochytrids: A forgotten agent of the marine microbial food chain. International Conference on Tropical Aquatic Ecosystems: Health, Management and Conservation, India. 1999.

 
国内学会
  1. 市川幸太、木村浩之、田代陽介、二又裕之.細胞外電子伝達促進による効果的プロピオン酸分解プロセスの構築と解析.第57回日本水環境学会年会、松山、2023年3月.

  2. 高原花梨、道羅英夫、木村浩之.メタトランスクリプトーム解析による発酵細菌とメタン生成菌の共生機構の解明 〜深部帯水層中の共生微生物における細胞外電子伝達の重要性〜.第23回静岡ライフサイエンスシンポジウム、静岡、2023年3月.

  3. 磯 真成、木村浩之.温泉水の汲み上げが深部地下圏の微生物群集構造に及ぼす影響.第23回静岡ライフサイエンスシンポジウム、静岡、2023年3月.

  4. 池浦康平、川野 誠、寺尾美菜子、木村浩之.温泉微生物群集を用いた微生物メタネーション 〜バイオリアクターに空気が混入した際の影響評価〜.第23回静岡ライフサイエンスシンポジウム、静岡、2023年3月.

  5. 高原花梨、道羅英夫、木村浩之.深部帯水層における水素発生型発酵細菌と水素資化性メタン生成菌の共生メカニズム.日本微生物生態学会第35回大会、札幌、2022年11月.

  6. 磯 真成、木村浩之.地下水の揚水に伴う深部帯水層中の微生物群集構造の時間変動.日本微生物生態学会第35回大会、札幌、2022年11月.

  7. 池浦康平、川野 誠、寺尾美菜子、木村浩之.深部地下帯水層から採取された微生物群集を用いた微生物メタネーション.日本微生物生態学会第35回大会、札幌、2022年11月.

  8. 川野 誠、中山洋平、木村浩之.多孔質セラミック担体を用いた微生物メタネーション速度向上の検討.日本微生物生態学会第35回大会、札幌、2022年11月.

  9. 佐藤 悠、中島 悠、大久保智司、岡野憲司、木村浩之、本田孝祐.深部流体に含まれる微生物の多様性と代謝特性.日本微生物生態学会第35回大会、札幌、2022年11月.

  10. 高橋輝希、木村浩之.付加体の深部帯水層に生息するメタン生成菌の多様性と代謝特性.日本微生物生態学会第34回大会、オンライン開催、2021年10月.

  11. 高原花梨、木村浩之.付加体の深部帯水層に由来する嫌気性地下水と水素発生型発酵細菌を利用したH2生成リアクターの開発 〜食品廃棄物利用能の検証〜.日本微生物生態学会第34回大会、オンライン開催、2021年10月.

  12. 鈴木崇之、中山洋平、川野 誠、寺尾美菜子、木村浩之.水素資化性メタン生成菌を用いたメタネーション技術の開発と自動化に向けたバイオリアクターの制御法の確立.日本微生物生態学会第34回大会、オンライン開催、2021年10月.

  13. 磯 真成、木村浩之.熱分解起源のメタンが溶存する付加体深部帯水層中の菌叢の特徴.日本微生物生態学会第34回大会、オンライン開催、2021年11月.

  14. 川野 誠、木村浩之.微生物メタネーションの実用化に向けた検討.日本微生物生態学会第34回大会、オンライン開催、2021年11月、招待講演.

  15. 内野正洋、木村浩之.沿岸部の地下帯水層に生息する新規微生物群集の代謝推定.日本地球化学会第67回大会特別セッション微生物生態学2020、オンライン開催、2020年11月.

  16. 高橋輝希、木村浩之.付加体の深部帯水層に生息するメタン生成菌の機能遺伝子の同定と定量解析.日本地球化学会第67回大会特別セッション微生物生態学2020、オンライン開催、2020年11月.

  17. 中山洋平、川野 誠、吉武 哲、木村浩之.メタネーション技術への利用に向けた地下圏の水素資化性メタン生成菌の培養と菌叢解析.日本地球化学会第67回大会特別セッション微生物生態学2020、オンライン開催、2020年11月.

  18. 石垣治久、木村浩之、天野幸治.温泉付随メタンガス発電施設の調査と防災ステーションへの展開.2019年度自然災害科学中部地区研究集会、静岡、2020年3月.

  19. 佐藤 悠、木村浩之、岡野憲司、本田孝祐. 原核生物の生育温度データベースの構築と利用 〜生育温度に影響を及ぼす因子の特定を目指して〜.第20回極限環境生物学会、京都、2019年11月、優秀ポスター賞受賞.

  20. 芦沼完太、松下 慎、木村浩之. 地下圏の脱窒とメタン生成の有機物利用における競合:菌叢の違いは関係ない?日本微生物生態学会第33回大会、甲府、2019年9月.

  21. 津布久卓也、木村浩之. 嫌気性地下水に含まれる水素発生型発酵細菌を利用した水素ガス生成システムの構築. 日本微生物生態学会第33回大会、甲府、2019年9月.

  22. 内野正洋、木村浩之. 地下帯水層に生息する新規微生物群集の遺伝子解析. 日本微生物生態学会第33回大会、甲府、2019年9月.

  23. 川野 誠、中山洋平、木村浩之. 微生物により生成されるメタンの濃度測定へのレーザー吸収分光法の適用. 日本微生物生態学会第33回大会、甲府、2019年9月.

  24. 佐藤 悠、佐々木由佳、登木耕陽、岡野憲司、木村浩之、本田孝祐.有機性廃棄物の二次資源化に向けた天然菌叢とアセトジェンの共培養システムの開発.第71回日本生物工学会大会、岡山、2019年9月.

  25. 佐々木由佳、佐藤 悠、岡野憲司、木村浩之、本田孝祐.有機性廃棄物の二次資源化に向けた天然菌叢と好熱性アセトジェンの共培養系の確立.環境バイオテクノロジー学会2019年度大会、大阪、2019年6月.

  26. 佐藤 悠、佐々木由佳、登木耕陽、岡野憲司、木村浩之、本田孝祐.有機性廃棄物の二次資源化に向けた複合微生物群集による新規物質生産プロセスの開発.環境バイオテクノロジー学会2019年度大会、大阪、2019年6月.

  27. 内野正洋、木村浩之.地下帯水層に生息する新規微生物群集の遺伝子解析.第20回静岡ライフサイエンスシンポジウム、静岡、2019年3月.

  28. 芦沼完太、松下 慎、佐藤 悠、木村浩之.付深部地下圏の帯水層では脱窒菌とメタン生成菌が競合している!?.第20回静岡ライフサイエンスシンポジウム、静岡、2019年3月.

  29. 津布久卓也、木村浩之.地下温水に含まれる微生物群集を利用した水素ガス生成システムの開発.第20回静岡ライフサイエンスシンポジウム、静岡、2019年3月.

  30. 早坂康兵、木村浩之.付加体の深部帯水層に生息する好熱性メタン生成菌から推定した地下圏温度構造.第20回静岡ライフサイエンスシンポジウム、静岡、2019年3月.

  31. 佐藤 悠、木村浩之、岡野憲司、本田孝祐.原核生物の生育温度データベースの構築と利用 〜生育温度決定因子の特定を目指して〜.Biothermology Workshop 2018、岡崎、2018年12月.

  32. 木村浩之.静岡県の地層と微生物とメタンの関係 〜基礎研究から新エネルギー生産まで〜.日本土壌肥料学会中部支部第98回例会及び中部土壌肥料研究会第108回例会、静岡市、2018年11月、招待講演.

  33. 木村浩之.海底堆積物からの贈り物、メタン! 〜分散型エネルギー生産システムの構築を目指して〜.電子情報通信学会第11回アクセラレーション技術発表討論会、日南市、2018年9月、招待講演.

  34. 三宅敬太、伏見圭司、Ni-Ni-Win、木村浩之、杉島正一、池内昌彦、成川 礼.ユニークなシアノバクテリアがもつ2つの色素合成酵素PcyAの光受容と光合成に対応する機能分化、第20回日本光生物学協会年会、京都、2018年8月.第4回日本光生物学協会ポスター賞受賞.

  35. 木村浩之.地球ダイナミクスと微生物メタン生成 〜微生物生態学から新エネルギーの社会実装まで〜.日本微生物生態学会第32回大会、沖縄、2018年7月、奨励賞受賞講演.

  36. 津布久卓也木村浩之.地下圏微生物群集を含む嫌気性地下温水を用いた水素ガス生成.日本微生物生態学会第32回大会、沖縄、2018年7月.

  37. 芦沼完太松下 慎佐藤 悠内野正洋木村浩之.深部帯水層中における脱窒の証拠.日本微生物生態学会第32回大会、沖縄、2018年7月.

  38. 松下 慎、木村浩之.Identification of CH4 and N2 production processes in deep aquifers associated with the accretionary prism using geochemical and microbiological approaches.日本地球惑星科学連合2018年大会、千葉、2018年5月.

  39. 荻祐太朗松下 慎木村浩之.深部帯水層の地下圏微生物を対象とした基盤研究と温泉メタンガス発電事業の推進.第19回静岡ライフサイエンスシンポジウム、静岡、2018年3月.

  40. 芦沼完太松下 慎佐藤 悠木村浩之.付加体の深部帯水層中における N2 生成メカニズムの解明.第19回静岡ライフサイエンスシンポジウム、静岡、2018年3月、優秀ポスター賞受賞.

  41. 津布久卓也松下 慎木村浩之.地下温水中の微生物群集を利用した水素ガス生成システムの開発.第19回静岡ライフサイエンスシンポジウム、静岡、2018年3月、優秀ポスター賞受賞.

  42. 佐藤 悠、藤原健智、木村浩之.16S rRNA遺伝子のG+C含量に着目したアーキアの温度適応メカニズム.第12回日本ゲノム微生物学会年会、京都、2018年3月、招待講演.

  43. 佐藤 悠、藤原健智、木村浩之.砂漠の塩湖に生息するアーキアの高温適応 〜リボソームRNAのG+C含量に着目して〜.第2回Biothermology Workshop、東京、2017年12月.

  44. 高橋 浩、半田宙子、松下 慎木村浩之.水試料の溶存無機炭素分析における殺菌処理:水銀を用いない手法の提案.日本地球化学会年会第64回年会、東京、2017年9月.

  45. 佐藤 悠木村浩之.Relationship between guanine-plus-cytosine content of 16S rRNA genes and growth temperature of the prokaryotic hosts.第55回日本生物物理学会年会、熊本、2017年9月、招待講演.

  46. 荻 祐太朗、松下 慎、木村 浩之.付加体の温泉付随ガスと地下圏微生物を対象とした基盤研究による川根温泉メタンガス発電システムの創成.環境微生物系学会合同大会2017、仙台、2017年8月.

  47. 佐藤 悠木村浩之.16S rRNA遺伝子のGC含量に着目した原核生物の温度適応メカニズム.日本進化学会第19回大会、京都、2017年8月、招待講演.

  48. 三宅敬太、伏見圭司、Ni-Ni-Win、木村浩之、杉島正一、池内昌彦、成川礼 :シアノバクテリア Acaryochloris marina 由来の2つのPcyAの機能分化に関する解析、新光合成と光合成若手の会ジョイント若手ワークショップ、神戸、2017年8月.

  49. 河野卓成、Sandhya Mehrotra、遠藤千夏子、松田真実、木村浩之、蓮沼誠久、横田明穂、松村浩由、蘆田弘樹.アーキアに発見した光合成カルビンサイクルの進化的原型経路.日本農芸化学会2017年度大会、京都、2017年3月.

  50. 荻祐太朗、石川修伍、松下 慎、木村浩之.川根温泉の地下帯水層におけるメタン生成プロセスと分散型エネルギー生産システム.第18回静岡ライフサイエンスシンポジウム、静岡、2017年3月.

  51. 眞柄健太、松下 慎、佐藤 悠、木村浩之.沖縄本島の深部帯水層に生息する地下圏微生物とメタン生成.第18回静岡ライフサイエンスシンポジウム、静岡、2017年3月.

  52. 佐藤 悠、木村浩之.原核生物の生育温度に影響する16S rRNAの二次構造の安定性解析.第18回静岡ライフサイエンスシンポジウム、静岡、2017年3月.

  53. 木村浩之佐藤 悠.原核生物の温度適応 〜16S rRNA遺伝子のG+C含量に着目して〜.第1回 Biothermology Workshop −生命システムの熱科学−、岡崎、2016年12月、招待講演.

  54. 佐藤 悠、藤原健智、木村浩之.ゲノム上にG+C含量の異なる2種類の16S rRNA遺伝子を有するアーキアの高温適応戦略.第1回 Biothermology Workshop −生命システムの熱科学−、岡崎、2016年12月.

  55. 松下 慎、木村浩之.付加体の深部帯水層におけるメタンおよび窒素ガス生成プロセスの地域特性.静岡大学グリーン科学技術研究所−第3回シンポジウム2016−、静岡、2016年11月、学生奨励賞発表.

  56. 佐藤 悠、藤原健智、木村浩之.ゲノム上にGC含量の異なる2種類の16S rRNA遺伝子を有する好塩性アーキアの温度適応.日本微生物生態学会第31回大会、横須賀、2016年10月.

  57. 松下 慎、石川修伍、眞柄健太、光延 聖、木村浩之.付加体の深部帯水層におけるメタン及び窒素ガス生成プロセスの地域特性.日本微生物生態学会第31回大会、横須賀、2016年10月.

  58. 眞柄健太、松下 慎、佐藤 悠、石川修伍、新里尚也、木村浩之.沖縄本島に分布する付加体の深部帯水層におけるメタン生成メカニズム.日本微生物生態学会第31回大会、横須賀、2016年10月.

  59. 丸林 創、荻 祐太朗、松下 慎、石川修伍、木村浩之.付加体の地下圏微生物によるメタン生成プロセスと分散型エネルギー生産システムの創成.日本微生物生態学会第31回大会、横須賀、2016年10月.

  60. 松下 慎、石川修伍、平田悠一郎、眞柄健太、木村浩之.付加体の深部帯水層におけるCH4とN2の生成プロセスの地域特性.日本地球惑星科学連合2016年大会、千葉、2016年5月.

  61. 眞柄健太、松下 慎、石川修伍、平田悠一郎、木村浩之.沖縄本島南部に分布する付加体の深部帯水層におけるメタン生成メカニズム.日本地球惑星科学連合2016年大会、千葉、2016年5月.

  62. 木村浩之.付加体の地下圏でのメタン生成メカニズムの解明と分散型エネルギー生産システムの創成. 第2期中期目標期間における重点研究4分野の成果発表会、浜松、2016年3月.

  63. 松下 慎、石川修伍、平田悠一郎、眞柄健太、木村浩之.付加体の深部帯水層におけるメタン及び窒素ガス生成プロセスの地域特性.第17回静岡ライフサイエンスシンポジウム、静岡、2016年3月.

  64. 佐藤 悠、藤原健智、木村浩之. GC含量の異なる2種類の16S rRNA遺伝子を有するアーキアの生理生態〜温度変化への適応〜. 第17回静岡ライフサイエンスシンポジウム、静岡、2016年3月、優秀ポスター賞受賞.

  65. 石川修伍松下 慎眞柄健太木村浩之. 九州南東部の深部帯水層に存在するメタン生成メカニズムの解明. 第17回静岡ライフサイエンスシンポジウム、静岡、2016年3月.

  66. 眞柄健太松下 慎石川修伍平田悠一郎木村浩之. 沖縄地方に分布する付加体の深部帯水層におけるメタン生成メカニズムの解明. 第17回静岡ライフサイエンスシンポジウム、静岡、2016年3月.

  67. 木村浩之松下 慎石川修伍眞柄健太.付加体の地下圏微生物を利用した分散型エネルギー生産システムの創成.日本微生物生態学会第30回大会シンポジウム企画 地下圏微生物の工学的利用、土浦、2015年10月、招待講演.

  68. 佐藤 悠、藤原健智、木村浩之.塩基配列の異なる2種類の16S rRNA遺伝子を有する好塩性アーキアHaloarcula の環境温度変動への適応戦略.日本微生物生態学会第30回大会、土浦、2015年10月.

  69. 松下 慎石川修伍眞柄健太平田悠一郎木村浩之.付加体の深部帯水層におけるメタン生成及び窒素ガス生成メカニズムの地域特性.日本微生物生態学会第30回大会、土浦、2015年10月.

  70. 石川 修伍松下 慎眞柄 健太木村浩之.九州南東部の深部帯水層に存在するメタン生成メカニズムの解明.日本微生物生態学会第30回大会、土浦市、2015年10月.

  71. 眞柄健太松下 慎石川修伍平田悠一郎木村浩之.沖縄本島南部に分布する付加体の深部帯水層におけるメタン生成メカニズムの解明.日本微生物生態学会第30回大会、土浦、2015年10月.

  72. 谷水雅治、仲井 涼、小林裕基、森 康則、木村浩之、青 常、中村仁美.δ11B-δ7Li値からみた三重県温泉水の地球化学的特徴.日本地球化学会年会、横浜、2015年9月.

  73. 高橋 浩、半田宙子、石川修伍木村浩之.水試料の炭素同位体分析のための試料保管:ろ過の効果とゴムセプタムの影響.日本地球化学会年会、横浜、2015年9月.

  74. 森 康則、中村 仁美、常 青、谷水雅治、仲井 涼、小林裕基、木村浩之、山本昌宏、西中隆道.三重県中南部域に湧出する多様性に富んだ塩類泉・二酸化炭素泉の分布と主溶存元素組成.日本温泉科学会第68回大会 、山形、2015年9月.

  75. 木村浩之、松下 慎、石川修伍.付加体の深部地下水循環と微生物メタン生成・脱窒ポテンシャル.日本地球惑星科学連合2015年大会「同位体水文学2015」セッション、千葉、2015年5月、招待講演. 

  76. 佐藤 悠、藤原健智、木村浩之.ゲノム上にG+C含量の異なる2 種類の16S rRNA 遺伝子を有する好塩性古細菌の生理生態.第16回静岡ライフサイエンスシンポジウム、静岡、2015年3月、優秀ポスター賞受賞.

  77. 松下 慎石川修伍長井一茂眞柄健太平田悠一郎木村浩之.付加体の深部地下圏における微生物メタン生成と炭素・窒素循環.第16回静岡ライフサイエンスシンポジウム、静岡、2015年3月、優秀ポスター賞受賞.

  78. 石川修伍松下 慎、長井一茂、木村浩之.九州南東部の付加体の深部地下圏にて起こるメタン生成メカニズムの解明.第16回静岡ライフサイエンスシンポジウム、静岡、2015年3月.

  79. 佐藤 悠木村浩之.G+C含量の異なる2種類の16S rRNA遺伝子を使い分ける好塩性古細菌Haloarculaの生態. 環境微生物系学会合同大会2014、浜松、2014年10月.

  80. 松下 慎石川修伍長井一茂木村浩之.西南日本の付加体深部地下圏における微生物ポテンシャルと炭素・窒素循環. 環境微生物系学会合同大会2014、浜松、2014年10月.

  81. 石川修伍松下 慎木村浩之.九州南部の付加体深部地下圏におけるメタン生成メカニズム. 環境微生物系学会合同大会2014、浜松、2014年10月. 

  82. 金子雅紀、高野淑識、大河内直彦、木村浩之.メタン生成補酵素F430の超高感度定量分析法:環境中のメタン生成および嫌気的メタン酸化ポテンシャルへの応用.環境微生物系学会合同大会2014、浜松、2014年10月.

  83. 木村浩之.付加体深部帯水層での地下圏微生物のポテンシャルと炭素・窒素循環.日本地球化学会年会、富山、2014年9月、招待講演.

  84. 木村浩之.付加体エネルギー生産システム. 第9回再生可能エネルギー世界展示会、東京、2014年7月.

  85. 木村浩之.静岡県の地域資源を生かした自立分散型エネルギー生産システム.第7回静岡大学超領域研究会、浜松、2014年6月、招待講演.

  86. 佐藤 悠木村浩之.好塩性古細菌Haloarculaは生育温度によって2種類の16S rRNA遺伝子の転写を制御する.日本地球惑星科学連合2014年大会、横浜、2014年4月.

  87. 松下 慎木村浩之.西南日本の付加体深部帯水層における微生物ポテンシャルと物質循環.日本地球惑星科学連合2014年大会、横浜、2014年4月.

  88. 松下 慎津島一平木村浩之.付加体深部地下圏での微生物ポテンシャルと物質循環. 第15回静岡ライフサイエンスシンポジウム、静岡、2014年3月.

  89. 大谷実来木村浩之.付加体の地下圏微生物を利用したメタン・水素ガス生産システムの開発と有機基質の検証.第15回静岡ライフサイエンスシンポジウム、静岡、2014年3月、優秀ポスター賞受賞.

  90. 梅藤恭平今井里弥石川修伍木村浩之.付加体の深部地下水に含まれる微生物群集を利用したメタン生成槽・水素ガス生成槽の開発.第15回静岡ライフサイエンスシンポジウム、静岡、2014年3月.

  91. 佐藤 悠木村浩之.好塩性古細菌 Haloarcula の塩基配列の異なる16S rRNA遺伝子の発現と至適生育温度との関係.第15回静岡ライフサイエンスシンポジウ、静岡、2014年3月.

  92. 今井里弥梅藤恭平木村浩之.付加体の地下圏微生物群集を利用した自立分散型エネルギー生産システムの開発 〜災害時緊急ステーションの構築を目指して〜.自然災害科学中部地区研究集会/平成25年度静岡大学学横断的防災研究卒論発表、静岡、2014年3月.

  93. 津島一平松下 慎木村浩之.付加体の地下圏微生物の活性とメタン生成メカニズムの解明 〜災害時緊急ステーションの構築を目指して〜.自然災害科学中部地区研究集会/平成25年度静岡大学学横断的防災研究卒論発表会、静岡、2014年3月.

  94. 河野卓成、遠藤千夏子、木津奈津子、木村浩之、溝端栄一、井上豪、松村浩由、横田明穂、蘆田弘樹.アーキア型phosphoribulokinaseの機能解析、日本農芸化学会2014年度大会、東京、2014年3月.

  95. 佐藤 悠木村浩之.好塩性古細菌は環境温度によりG+C含量の異なる16S rRNA遺伝子を選択的に転写する、第29回日本微生物生態学会大会、鹿児島、2013年11月、優秀ポスター賞受賞.

  96. 松下 慎津島一平木村浩之.静岡県中西部付加体の地下圏微生物の活性と深部物質循環、第29回日本微生物生態学会大会、鹿児島、2013年11月.

  97. 梅藤恭平今井里弥木村浩之.付加体の深部地下水とそこに含まれる微生物群集を利用したメタン生成・水素ガス生成、第29回日本微生物生態学会大会、鹿児島、2013年11月.

  98. 大谷実来木村浩之.付加体の地下圏微生物を利用したバイオガス生産システムの開発と有機基質検証、第29回日本微生物生態学会大会、鹿児島、2013年11月.

  99. 森浩二、細山 啓、山副敦司、黄地祥子、木村浩之、石橋純一郎、鈴木健一朗.全ゲノム解析を用いた新種提案 −温泉環境から分離した新規Thermotoga−、第29回日本微生物生態学会大会、鹿児島、2013年11月.

  100. 木村浩之.南西日本付加体の地下圏微生物を利用した新規エネルギー生産システム. 日本地球惑星科学連合2013年大会 ユニオンセッション 生命-水-鉱物-大気相互作用(U-03)、千葉、2013年5月、招待講演.

  101. 木村浩之.静岡流!!地下圏微生物を利用した地産地消エネルギーの生産. 第14回静岡ライフサイエンスシンポジウム「エネルギー、環境問題に立ち向かう微生物のパワー」、静岡、2013年3月、招待講演.

  102. 松下 慎津島一平木村浩之.静岡県中西部の付加帯の深部地下圏に生息するメタン生成菌と発酵細菌の活性特性. 第14回静岡ライフサイエンスシンポジウム「エネルギー、環境問題に立ち向かう微生物のパワー」、静岡、2013年3月、優秀ポスター賞受賞.

  103. 佐藤 悠木村浩之.好塩性古細菌Haloarcula の多様な16S rRNA遺伝子と生育温度. 第14回静岡ライフサイエンスシンポジウム「エネルギー、環境問題に立ち向かう微生物のパワー」、静岡、2013年3月、優秀ポスター賞受賞.

  104. 梅藤恭平今井里弥大谷実来木村浩之.付加帯の深部地下水とそこに含まれる微生物群集を利用したメタン生成・水素ガス生成システムの開発. 第14回静岡ライフサイエンスシンポジウム「エネルギー、環境問題に立ち向かう微生物のパワー」、静岡、2013年3月.

  105. 上田真由美、岩田いづみ、木村浩之、本多大輔.外洋調査航海におけるラビリンチュラ類の分離. 日本藻類学会第37回大会、山梨、2013年3月.

  106. 木村浩之.プロテオロドプシンを有する海洋細菌の光エネルギー利用と代謝メカニズム. 日本地球惑星科学連合2012年大会シンポジウム「光エネルギーを巡る生命システムの進化ダイナミクス」、千葉、2012年5月、招待講演.

  107. 木村浩之.深部地下水の微生物群集を使ったエネルギー生産システム. BIO tech 2012 第11回国際バイオテクノロジー展/技術会議、東京、2012年4月.

  108. 木村浩之.次世代シーケンサーによるsmall RNAの解析と水圏複合微生物系への展開. 日本農芸化学会2012年度京都大会シンポジウム「ミクロからマクロの複合系を鳥瞰する先端技術」、京都、2012年3月、招待講演.

  109. Kimura H、Young C、Martinez A、DeLong EF.プロテオロドプシンを有する海洋細菌の網羅的遺伝子応答解析. 第27回日本微生物生態学会、京都、2011年10月.

  110. 瀬川琢也、木下岳士、紫藤真由、光谷大樹、永翁一代、宗林留美、木村浩之、加藤憲二.富士山麓湧水群における岩石-水-微生物の相互作用. 第27回日本微生物生態学会、京都、2011年10月.

  111. 森 浩二、飯野隆夫、石橋純一郎、木村浩之、浜田盛之、鈴木健一郎.白馬八方・中房温泉からの新規高温性細菌の分離. 第27回日本微生物生態学会、京都、2011年10月.

  112. 木村浩之、道林克禎.微生物分子温度計:地下圏の温度プロファイリング. 日本鉱物科学会2011年年会、水戸、2011年9月、招待講演.

  113. 木村浩之.地下圏微生物の分子情報からの温度プロファイリング. 深海掘削ワークッショップ、東京、2011年5月.

  114. Shohei Hattori, Hiroyuki Kimura, Hiroaki Nashimoto, Keisuke Koba, Keita Yamada, Mikio Shimizu, H. Watanabe, M. Yoh and Naohiro Yoshida.Carbon and hydrogen isotope fractionation by methane production in co-culture between fermenters and hydrogenotrophic methanogens. 日本地球惑星科学連合2009年大会、千葉、2009年5月.

  115. 梨本裕晃、清水幹雄、木村浩之.四万十帯地下帯水層中でのメタン生成過程の解明、第24回日本微生物生態学会、札幌、2008年11月.

  116. 寺西源太、小畑 元、蒲生俊敬、石橋純一郎、木村浩之.水曜海山熱水系における微量金属元素の地球化学的研究、2008年度日本地球化学会、東京、2008年9月.

  117. 木村浩之、森 康祐.Microbial production and metabolic potential in the geothermal hot spring pool of Nakabusa, Japan、日本地球惑星科学連合2008年大会、千葉、2008年5月.

  118. 木村浩之、山中寿朗、石橋純一郎、花田 智.微生物分子温度計による地下圏微生物の探索、日本地球惑星科学連合2008年大会、千葉、2008年5月.

  119. 山中寿朗、前藤晃太郎、千葉 仁、藤野恵子、石橋純一郎、中島美和子、岡村慶、杉山 拓、木村浩之.鹿児島湾若尊火口内を充填する未固結堆積層内に発達する熱水循環系の地球化学的研究、日本地球惑星科学連合2008年大会、千葉、2008年5月.

  120. 木村浩之、八谷如美、石橋純一郎、砂村倫成、藤原義弘、Sylvia Sander、根本 卓、正木裕香、NT07-08航海乗船研究者一同(2008)水曜海山カルデラ内の熱水生態系 -NT07-08航海概要報告-. 第24回しんかいシンポジウム、横浜.

  121. 山中寿朗、前藤晃太郎、千葉 仁、岡村 慶、杉山 拓、木村浩之、石橋純一郎、中島美和子、藤野恵子、山本智子、三宅裕志、藤原義弘、佐藤孝子、窪川かおる、浦 環、NT07-09航海乗船研究者一同(2008)鹿児島湾若尊火口内を埋める堆積層内での熱水循環系解明 -NT07-09航海概要報告-. 第24回しんかいシンポジウム、横浜.

  122. 正木裕香、木村浩之、中川 聡、川田佳史、木下正高(2008)水曜海山と伊平屋北海域の熱流量高密度観測による局所的地下水理構造の解明. 第24回しんかいシンポジウム、横浜.

  123. 木村浩之、田代智一、砂村倫成、藤原義弘、石橋純一郎(2008)微生物生育温度推定法の開発と応用:海底熱水噴出域直下の地下圏に生息する超好熱細菌の検出と分散過程の解明. 第24回しんかいシンポジウム、横浜.

  124. 藤原義弘、野田智佳代、河戸勝、植松勝之、奥谷喬司、根本 卓、八谷如美、木村浩之(2008)水曜海山で採集した国内初記録のアルビンガイ類についてーその系統と共生ー. 第24回しんかいシンポジウム、横浜.

  125. 根本 卓、北田 貢、伊藤寿井茂、木村浩之、土田信二、藤原義弘、野田智佳代(2008)水曜海山に生息するオハラエビの多様性と遺伝的系統関係. 第24回しんかいシンポジウム、横浜.

  126. 赤司祐紀、山中寿朗、石橋純一郎、土岐知弘、伊藤道裕、川口慎介、木村浩之、高井 研、中川 聡(2008)海底熱水系における溶存有機物の地球化学. 第24回しんかいシンポジウム、横浜.

  127. 木村浩之、森 康祐、花田 智、加藤憲二(2007)Rapid growth rate of sulfur-turf microbial mat developed in hot spring water in Nakafusa, Japan、第23回日本微生物生態学会、松山.

  128. 森 康祐、木村浩之、加藤憲二(2007)Growth rate of thermophilic prokaryotes in micro-aerobic and anaerobic hot spring water of Nakafusa, Japan、第23回日本微生物生態学会、松山.

  129. 森 康祐、木村浩之、加藤憲二(2007)Growth rate of thermophilic prokaryotes in microaerobic and anaerobic hot spring water of Nakafusa, Japan、第23回日本微生物生態学会、松山.

  130. 田代智一、永翁一代、木村浩之、加藤憲二(2007)Detection of planktonic archaea from deep to surface narine system bt CARD-FISH、第23回日本微生物生態学会、松山.

  131. 近藤菜穂、勝山千恵、永翁一代、大手信人、木村浩之、加藤憲二(2007)Preliminarry study of the contribution of microbes to the wethering of granite、日本微生物生態学会第23回大会、松山.

  132. 坂本篤史、石橋純一郎、木村浩之(2007)島根県三瓶温泉における鉄・マンガン沈殿物の生成過程、地球惑星科学関連学会2007年大会、千葉.

  133. 木村浩之、加藤憲二(2006)微生物分子温度計:rRNA遺伝子のGC含量をもとにした新規環境温度測定法、第22回日本微生物生態学会、東京.

  134. 森 康祐、木村浩之、加藤憲二(2006)85℃の温泉プールに生息する超好熱菌の多様性と増殖速度、第22回日本微生物生態学会、東京.

  135. 田邉諒子、木村浩之、加藤憲二(2006)富士川層群の地下帯水層中に生息するメタン生成古細菌の多様性と代謝特性、第22回日本微生物生態学会、東京.

  136. 田代智一、永翁一代、木村浩之、加藤憲二(2006)沿岸海洋における浮游性古細菌の現存量とその分布、第22回日本微生物生態学会、東京.

  137. 竹中貴之、木村浩之、加藤憲二(2006)水温と沿岸・汽水環境中のVibrio cholerae の挙動、第22回日本微生物生態学会、東京.

  138. 吾郷友基、長岡篤子、永翁一代、木村浩之、加藤憲二(2006)富士山東麓湧水群における地下水環境と細菌の分布、第22回日本微生物生態学会、東京.

  139. 近藤菜穂、勝山千恵、永翁一代、木村浩之、加藤憲二(2006)森林における風化岩石と土壌の細菌群集構造の比較、第22回日本微生物生態学会、東京.

  140. 木村浩之、花田 智、加藤憲二(2006)地下深部に生息する超好熱細菌の16S rRNA遺伝子をターゲットとした選択的系統解析、地球惑星科学関連学会2006年大会、千葉.

  141. 石橋純一郎、土岐知弘、野口拓郎、木村浩之、益田晴恵、YK05-09乗船者(2006)南部マリアナトラフ背弧拡大軸における熱水地球化学の時間変動、地球惑星科学関連学会2006年大会、千葉.

  142. 益田晴恵、Fryer Patricia、石橋純一郎、木村浩之、土岐知弘、下島公紀、YK05-09乗船者(2006)マリアナトラフ南部の拡大海嶺における火成活動と熱水活動の関係、地球惑星科学関連学会2006年大会、千葉.

  143. 森 康祐、木村浩之、加藤憲二(2005)温泉における原核生物のQ-PCR法における定量とFISH法による検出の比較検討、第21回日本微生物生態学会、福岡.

  144. 長岡篤子、木村浩之、加藤憲二(2005)柿田川を中心とした富士山湧水の細菌群集、第21回日本微生物生態学会、福岡.

  145. 木村浩之、Bharat Patel、山本啓之、花田 智、加藤憲二(2005)オーストラリア大鑽井盆地の地下微生物、地球惑星科学関連学会2005年合同大会、千葉.

  146. 木村浩之、杉原麻生、花田 智(2004)環境微生物の至適生育温度とrDNAのGC含量の関係に着目した新規遺伝子解析法、第21回日本微生物生態学会、仙台.

  147. 石橋純一郎、山中寿朗、木村浩之、内海真生、宮部俊輔、岡村 慶、ケビン ロー(2004)南部マリアナ背弧拡大軸海底熱水系の地球化学的特徴、地球化学会、静岡.

  148. 内海真生、中村光一、下島後紀、久留主泰朗、掛川武、山中寿朗、東 陽介、木村浩之、葛西寛子、金子 亮(2004)熱水系生物圏の群集構造/機能解析と熱水環境の関連性解明―YK03-09航海序報―、第20回しんかいシンポジウム、横浜.

  149. 中川達功、丸山明彦、砂村倫成、内海真生、板橋志保、木村浩之、福井 学、石橋純一郎(2004)水曜海山−熱水噴出域から得られた亜硫酸還元酵素および16S rDNA遺伝子断片の系統解析学的解析、第20回しんかいシンポジウム、横浜.

  150. 木村浩之, 長沼 毅(2002)海洋微生物ラビリンチュラ類の生態学的研究, 新規原生生物・微生物に関するシンポジウム, 長野.

  151. 木村浩之, 朝田隆二, 長沼 毅(2002)Ocean Drilling Program (ODP) における微生物研究-海熱水鉱床直下の微生物分布-, ODP/IODPシンポジウム, 東京.

  152. 木村浩之, 笹山雄一, 長沼 毅(2002)有鬚動物ヒゲムシ類の化学合成系共生細菌に関する遺伝子解析, 第6回マリンバイオテクノロジー学会, 東京.

  153. 木村浩之, 朝田隆二, 長沼 毅(2002)海底熱水域深部における微生物群集の分布, 地球惑星科学関連学会2002年合同学会, 東京.

  154. Elsaied Hosam, 木村浩之, 長沼 毅(2002)深海微生物の炭素固定酵素(RuBisCO)遺伝子における多様性, 地球惑星科学関連学会2002年合同学会, 東京.

  155. 朝田隆二, 木村浩之, 田崎和江(2002)海底掘削における微生物試料の保管結果〜Ocean Drilling Program (ODP) Leg193によるマヌス海盆東部・熱水域の海底掘削を例として〜, 地球惑星科学関連学会2002年合同学会, 東京.

  156. 岡本拓士, 木村浩之, 丸山明彦, 長沼 毅(2002)水曜海山熱水噴出域の地下および熱水中の広塩微生物, 地球惑星科学関連学会2002年合同学会, 東京.

  157. 木村浩之, 佐藤 誠, 長沼 毅,笹山雄一(2001)富山湾内湾から得られた有鬚動物(ヒゲムシ類)とその体内細菌の特徴, 第18回しんかいシンポジウム, 東京.

  158. 木村浩之, 長沼 毅(2000)沿岸海域における浮遊性ヤブレツボカビ類の現存量とバイオマス, 真核微生物/原生生物シンポジウム、神戸.

  159. 竹内 章, 石井利枝, 木村浩之(1999)富山トラフ中部の地形地質とテクトニクス, 第15回しんかいシンポジウム, 東京.

  160. 木村浩之, EL-Saied Hosam, 長沼 毅(1999)伊平屋海凹北部熱水環境の微生物相, 16S rDNAとRuBisCO遺伝子を用いた解析, 第15回しんかいシンポジウム、東京.

  161. 木村浩之, 村上由記, 長沼 毅(1998)新規ヨウ素剤及び環境浄化微生物剤を用いた付着生物及び赤潮藻類の除去、第2回マリンバイオテクノロジー学会, 広島.

  162. 木村浩之, 長沼 毅(1998)深海生物チューブワームの体内と体外の微生物相 -類似と相違-, 第14回日本微生物生態学会、 京都.

  163. 木村浩之, 長沼 毅(1998)深海生物ハオリムシの共生細菌微生物相, 第15回しんかいシンポジウム, 東京.

 
もどる